諦めないで!顔の大きさは変えられなくも、印象は自分次第で変えられます。

髭・眉毛・髪型を変えるだけでモテる男になれる!身だしなみの整え方まとめサイト【トップ画像】

顔が大きい場合の対処法

顔偏差値UPを目指す男性の中には、顔が大きいことに悩んでいる人が居ます
普通より少し大きい程度なら男らしさで片付けられますが、かなり大きい場合は悩みになるでしょう。
芸能人で言えばお笑いのアンタッチャブル山崎さんや高橋英樹さんが該当します。

 

顔の大きさに何も配慮をしないと、知らぬ間に変な威圧感や不潔な印象を与えかねません。
身だしなみは周囲にどう思われるかを配慮することなので、顔の大きさも無視できないのです。

 

顔の見た目を気にする男性

 

大抵の人は顔の大きさのような生まれ持った個性は変えられないと思っています。
ですが、髪型やヒゲ、そしてメガネなどの装飾品を使えば印象を変えられるのです。
ここでは顔が大きい場合の具体的な対処方法についてまとめてみました。

 

髪型で顔を小さく見せる

髪型で顔の大きさを緩和させる方法は簡単です。
例えば短髪のツーブロックにしてすっきりさせる方法があります。
この時、髪のボリュームを少し乗せることで相対的に顔を小さく見せることが可能です。

 

他には前髪を長くしておでこを隠す方法も有効となります。
顔が大きい人は、自然と顔の面積が広くなっているのです。
それを緩和するために前髪を伸ばせば、印象はだいぶ変わるでしょう。
クラウドマッシュヘアのようなふんわりした髪型にすれば、中性的な雰囲気を残しつつ顔の大きさを隠せます。

 

ちなみに、前髪は重たくなり過ぎないようにして、軽めに流すぐらいがちょうど良いです。

 

小顔効果について考える男性

 

ヒゲで小顔効果を狙う

髪形以外でも顔の大きさをごまかす方法はあります。
その1つがヒゲを活用した小顔効果です。

 

ヒゲやもみあげ部分を強調し、顔に陰影を作ることが出来れば小顔に見せることが可能でしょう。
ただし、ヒゲを活用するためワイルドさが前面に出てしまいます。
清潔感や身だしなみの観点からはマイナスなので、ヒゲを活用するのは難易度が高いのです。

 

しっかりとヒゲの手入れを行い、清潔感がある状態にした上で小顔効果を狙うならありです。

 

 

メガネで小顔に見せる

髪形やヒゲを活用するよりも、メガネを使った小顔効果を狙うのが最も簡単でしょう。
メガネのレンズが大きく、フレームが太めのものを選ぶと顔が相対的に小さく見えます。
少しごついと感じるぐらいのメガネを掛けるとイメチェンに繋がるのでおすすめです。

 

オシャレな眼鏡の画像

 

顔が大きい人は何かと苦労しますが、ちょっとした対処方法で簡単に印象を変えられます
ここで紹介した方法以外にも、帽子マフラーなどのアイテムを使った方法やマッサージなどがあります。
最初から諦めてしまわないで、周囲の人が抱く印象は自分で操作出来ると思いましょう。
身だしなみが自己責任となるのは、自分の努力でどうにでも出来るからなのです。